スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
母親大会



母親大会に参加しました。

分科会では大阪市議の清水ただしさんの
「どう見る?社会問題のいろいろ」
ー漫談で楽しく社会を知ろうーに参加しました。

清水ただしさんは元漫才師・・・
バナナのたたき売り風に社会問題を鋭く追求してくれます。

後期高齢者医療制度や原発問題など新聞赤旗に
載っている事ばかりですが、とにかくおもしろかったです。

何とか国政にあがってもらって、
新聞を読んでない人たちに聞いてほしい。


全体会は立命館大学名誉教授の安斉育郎さんの
「大震災・原発事故と滋賀」

原子力の平和利用を先頭だって進めて来た安斉さんでしたが、
原子力行政について疑問をもち、原発反対運動に加わると、
電力会社や公安関係の刑事から尾行されたそうです。

東電の社員から「3年くらい海外に行ってくれないか。
カネは用意するから」と言われたこともあるそうです。

こうした、当時の話を交えながら、原発問題に
触れてくれました。

その後は、きたがわ てつさんの歌とトーク・・・
憲法の歌や平和の歌など・・

久しぶりに、ホッコリした一日でした
スポンサーサイト
[2011/10/31 00:50 ] | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
ブログの写真
ブログの写真を変更しました・・・

半年前の選挙ポスターにしたものです
[2011/10/29 22:36 ] | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
観光振興対策特別委員会で瀬田川 一番丸乗船
特別委員会で一番丸で瀬田川クルージング。

初めての体験でしたが、先週の休日は1日に
約350人が乗船されたそうです。

川の方から見る景色は、普段の車で走る風景とは違います。
宇治川の鵜飼いや海津大崎の桜並木などありますが
せっかくの大津市の観光資源をどう活かしていくのか・・・

[2011/10/29 22:14 ] | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
大津市医師会との懇談会
大津市医師会と市議会議員との懇談会が開かれました。

医師会からは災害時の医療救護活動や、
高齢化を迎え、在宅医療の必要性を感じているが、
他の薬剤師会や、病院との連携などをどうしていくのか?

大津市保健所がイニシアティブをとって、まずは
マニュアル作りや拠点になるべきと考えるがどうするのか?

うつ、自殺で、最近増えている原因として失業があげられるが
その、早期発見としてハローワークに、相談所をおいたり、
仕組み作りが必要。

また、ワクチンの公費負担の存続などの要望が寄せられました。
[2011/10/25 23:04 ] | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
北部農業委員さんと交流会
22日。
毎年恒例の農業委員と議員を交えての交流会がありました。

大詰めとなっているTPP交渉に参加しないことの意見はもちろん、
志賀地域だけでなく、地産地消という面からも自校方式での
中学校給食を望む声が寄せられました。
[2011/10/23 09:01 ] | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
大津市でも中学校給食を・・・市長懇談
kyuusyoku  kyouiku

中学校給食の実施を申し入れしました。

全国的にはすでに8割の自治体が実施していますが、
未実施の市町村では、共産党議員団も実施に向けて
学習会やシンポジウム、署名などに取り組んでいます。

申し入れでは、市長からは、立場上軽々に発言すると、
一人歩きするので申し上げられないが、教育委員会で
議論されることと発言。

東部給食センターの老朽化による立て替え時期にきており、
大津市の給食を考える機会であることは市長も
認めていました。

その後、引き続いての教育長との懇談では、
弁当を持って来られない生徒についてのケアーが必要である
とのことでしたが、安易に希望者だけ業者に注文をする
デリバリー方式の導入は反対です。

詳しい申し入れは
   こちらから
[2011/10/22 13:14 ] | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
市内中学校で、相次ぐ、事件・事故
今日は大津市教育委員会の所管する事案についての
報告のため、臨時の教育厚生常任委員会が開かれました。

まず、先日、市内の男子中学生が、マンションから
飛び降りたのではといわれている悲しい事故についての
当初から、現在までの、経過説明。

委員からは不安を抱えている生徒や保護者をケアーする
体制についてや、この間のの教育委員会の対応の遅さなどを
指摘する意見が出されました。

また、現在保護者を通じて、子どもに行われている
アンケートについて、今後の委員会などで報告を
行うことを求めました。

続いて、急遽、中学校の元臨時講師が難聴児童(姉妹)に対し、
体罰をあたえ、その後、懲戒処分、依願退職していたが、
昼前に、傷害と暴行の容疑で逮捕に至ったことについて
報告がありました。

この間、市内の中学校で、事故や事件が相次いでいます。
今年度は教育厚生常任委員長を預かっているのですが
先生も生徒も常に、追われている感じがするのですが・・・

[2011/10/19 23:55 ] | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
伊賀市議会報告

16日に大津市議会でも課題となっている、議会報告を
すでに行っている、伊賀市に視察に行きました。

市民の前で、議案の審議についての報告を行うので
やはり、市民の声を大切にできるというのは実感です。

5.6人の議員が順に、会場を回るのですが、会派や、
個人の主観が入ってしまい、参加していない、
議員や、執行部の意見がその場で聞けず、
市民が一方的な意見を取り入れてしまう気がします。

そのために、報告会を主催している運営委員や、参加している方が
他の人の考えを先導していくことも懸念されます。

また、市民の質問に、どこまで、議会が説明できるのか?

あくまでも、審議の過程ならいいのですが・・・

市民が議会を身近に感じることはいいのですが、
慎重な議論も必要です。




[2011/10/18 22:56 ] | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
富山市に視察
教育・厚生常任委員会で富山市に視察に行きました。

17日は富山県高志リハビリテーション病院にて
脳卒中患者を対象にした「地域連携クリティカルパス」に
ついて・・・

地域連携クリティカルパスとは、病院~在宅での介護まで
一人の患者を連携して様々な機関が一つのスキームで
見守っていくというものです。

様々な機関をつなぎ合わせていく役割を担ったのが、
富山市保健所です。

富山市は大津より早く中核市に移行しており、
大津市でも行政機関である、保健所と、市民病院、
地域包括センターの役割が求められます。

18日は、富山市役所で、放課後事業の取り組みを・・・

地域の子どもは地域でと、地域の民生委員や自治会の
方が中心に子どもを預かる地域児童健全育成事業と
留守家庭児童を対象に行政が責任を持っている
放課後児童健全育成事業・・・
また、地域ミニ放課後児童クラブと、いろんな受け皿を
用意して、子育て支援を行っています。

いずれも、施策・事業の展開など、部局を超えながら、
市民の福祉や支援をしているのは、大津市が
今後積極的に見習うべきことだと痛感しました。
[2011/10/18 22:49 ] | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
幸福の科学学園建設反対集会
午後から、幸福の科学学園建設反対住民集会があり、
参加しました。

これまでの取り組みの報告の後、今後の運動について
提起されました。

大規模な建築を行うにもかかわらず、「開発許可」も
行わないまま、事業が進められることについて
「建築確認取消審査請求」を行うための委任状への
署名についての説明がありました。

住民の方からは「これだけ多くの、住民が心配しているのに、
関心を持って、集会に参加される議員が、
私と、山本哲平議員だけで、他の会派にも
呼びかけてほしい。」という意見がありました。

特に、仰木地域には、地元の議員が3人もいるのに
だれも集会に顔を見せていないのでは・・・・

皆さんの気持ちよくわかります。

私自身が、志賀町に突然持ち上がった
「大型産業廃棄物処理施設建設反対」の住民運動の中で、
自民党でも公明党でも何でもいいから、
止めることに力をかしてほしいと、
藁をもすがる思いでしたから・・・
[2011/10/15 17:54 ] | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
赤ちゃん
午前中、ある会議で、知人が9月に産んだ
ばかりの赤ちゃんを連れてこられ、しばらく
抱かせて頂きました。

しっかり、目も開けて、足もよく動かす元気な
男の子です。

あれだけ小さい赤ちゃんを抱いたのは何年ぶりかなぁ~
かわいいです。

今さら、産み育てる元気はないけど、1週間ぐらいなら
預かりたい・・・

・・・やっぱり3日???

最近老眼が気になりだし、体力にも
だんだん自信がなくなってきました

ショック
[2011/10/15 17:36 ] | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
H22年度 一般会計決算に反対討論
 3日間に渡った、H22年度一般会計決算の採決が行われました。
私たち日本共産党市議団は決算に反対しました。

 平成22年度は、低水準ながら景気回復の兆しが
見え始めてきたといわれるが、失業率の悪化、給与所得の減少など
地域経済にも大きな影響を及ぼし、市民生活は厳しい局面に
立たされる状況にありました。

 これは、法人市民税が大幅に伸びている一方で、
個人市民税が低迷していることにも現れています。

 こうしたもとで、市政に求められているのは、
国の構造改革路線により広がった格差と貧困を解消し、
壊されてきた社会保障を修復していくことで、
市民生活の安定を図っていくことであると考えます。

 同時に地域の中小零細事業者の経営を応援するなどで
地域経済の活性化をすすめるべきであります。

 H22年度は、子どもの医療費助成の小学校3年生までの拡充、
民間保育園の施設整備などで405名の定員増、
東部療育センターの開設や幼稚園の預かり保育の拡充、
児童クラブの施設整備や小中学校施設の耐震化の推進など
子育て支援と教育の分野で一定の前進が図られたことは評価できます。
 
 また、小児用肺炎球菌、ヒブ、子宮頸がん予防ワクチン接種の拡充、
高齢者の介護施設整備補助、肺がん検診も実施されました。

 さらに日本共産党が、当初から、指摘してきた、
新庁舎の移転新築を断念し、耐震改修がおこなわれました。

 一方で、地域経済の活性化の名目で、企業立地促進助成金
1億3,000万円余りが市内大企業の減税に使われました。

 全国各地で企業誘致の優遇合戦が行われ、補助金の
大盤振る舞いのあげくの果てに企業の撤退という事態もおきるなど、
大企業を呼び込めば、その波及効果で地域も繁栄するなどという
やり方はすでに破綻しています。

 内部留保もある大企業への、補助期間が過ぎたら税収が増え、
地域経済に寄与しているなどという詭弁は、市民の納得が
得られるものではありません。

 協力企業や下請け企業、関連業者や周辺産業などの2次的な
経済効果をもたらすと評価するなら、一定期間が経過し、
どのような経済効果があったのか検証すべきです。 

 地域経済を活性化させるためには、
地域でお金が循環するしくみをつくることが重要です。

 大企業の応援をやめて、住宅等改修助成事業のさらなる拡充や
小規模事業者への直接発注などが効果的です。

 財政では、地方交付税、臨時財政対策債が増収となりましたが、
競輪事業の廃止、雄琴駅周辺土地区画整理事業の精算、
大津市産業廃棄物処理公社の廃止に向けた積み立てなど、
これまでの失政のツケの穴埋めにまわされました。

 いずれ補填は必要ですが、市民の暮らしをみれば、
介護や医療サービスの拡充、待機児童の解消、国保や介護など、
市民負担の軽減のために一般会計からの繰り出しをおこなうなど
市民の切実な願い実現に予算を振り向け、市民生活を
守り支えるべきです。

 税金の使い方の問題として、市民に失政のツケを
負わせるような市政運営はあらためるべきです。

 まちづくりへの市の基本姿勢として、公共交通について・・・

 高齢化社会を迎えて、公共交通の充実は切実です。
特定生活路線運行への補助や、日赤比良病院へのバス運行、
通学バス運行など、それぞれの担当部局において所管事業として
バスへの補助が行われていますが、今後の課題として
縦割り行政の弊害を解消し、市民の交通権を保障するという立場で、
戦略的な取り組みを進めるように求めるべきです。

 民間委託と指定管理による市民サービスの低下の問題・・・
国の行革の押しつけ、財源の制約などの問題点はありますが、
施設の使用の面で使い勝手、施設の破損などへの対応が遅いなど、
市民サービスの低下が懸念されます。
 
市民サービスに直接責任を持つ姿勢は、
自律した市政運営をおこなう上で重要です。
 
 以上が、
市民本位の市政運営を求める立場から反対とした理由です。

[2011/10/08 23:44 ] | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
中学校の運動会
1日は娘の通う中学校の運動会でした。
小規模校の中学で、全校生徒はこれだけです・・・

午前中は、記録会でした。
100メートル走や幅跳びなどに挑戦。






午後は、OBチームや保護者も加わって
綱引きや、玉入れ、リレーなどの団体戦競技。

昔、学童保育の指導員をしていた頃・・・
保護者も混じって対抗戦の運動会をしていたのを
思い出します。

少ない人数で、オープニングセレモニーなど
工夫がいっぱい。

OBも自分たちが卒業した学校をなくさないでと
運動会をもりあげるために、毎週木曜日、
夜の9時から練習を行い
今年は、長縄のダブルダッチに挑戦!!

夏休みに、サマースクールで、勉強を
教えたりもしてくれていました。

また、地域の方が、OBやゲストのスポーツ大学の
学生さんたちに 栗ご飯を振る舞ったり
とにかく地域総出で中学の運動会をもりあげて
下さいました。

最後は、みんなで、フォークダンスです。

・・・そういえば、昔は、運動会に、
なぜかフォークダンスをしたけれど、
最近はないなぁ~。

少規模校の運動会がどんなものかと思っていましたが
一言で言えば、とにかくアットホームです。

若干、時間がのんびりしすぎという気もしますが、
これもまた、いいのかも・・・

・・・しかし、我が娘のリズム感ゼロのフォークダンスに唖然。
[2011/10/02 11:54 ] | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。