スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
視察報告
大和市公共交通について
 元々、平坦な地形で、駅や日常の施設までも
10分~20分ほどで行けるため、自家用車ではなく、
自転車を利用する市民が多かった。
 そのため、遠方には、電車や民間のバスを
利用される割合も多い。
 
 民間のバス(200円位)が走らない地域は、
市が走らせている、コミュニティーバスがカバーし、
コミュニティーバスが入り込めない狭い道路は、
住民による運営の乗り合いバスがカバーする。
コミュニティーバス(100円)は運賃収入が
運行経費の40%を占めているということからも
わかるように、多くの市民が利用していた。
 
 乗り合いバス「のろっと」は7つの自治会が
会員総意の元で、取り組まれており、
高齢者や子ども連れのお母さん達から喜ばれており
自治会費から、全世帯が負担金を払っている。
 乗り切れない時はお互い譲り合うそうで、
今回は、後ろをついて走ったが、たまたま、
乗り切れない場面に出くわし、一人のお母さんが、
赤ちゃんを抱いて、目的地の手前で下車され、
暖かい気持ちに・・・
 運営当初、運転できる人も、運営に協力するなど、
こうした合意を取り付けた、自治会役員(自治連合会)が
大きな力となったようで、
なかなか、できそうで、できない取り組み・・・



茅ヶ崎市のCSP 怒鳴らない子育て
 子育ての中で、保護者が抱える「イライラ・
自己嫌悪・悩み」を少しでも解消するのがねらい。
 1日10回怒っていたのを6,7回に減れば
いいというもの。
 講座には限界があり、受講者から知人に
広がっていくこともねらっている。

「親が子どもの目線にたち(そばで)、
具体的に分かりやすい言葉で接する」というのは
よく言われているが、忙しい保護者にそれだけの
心のゆとりが持てるのか?
 
 大津市でも、育児不安のお母さんを対象に
相談にのったり、幼稚園での放課後保育など
様々な子育て支援に取り組んでいるが、
虐待が増えていることなどを考えると、
より多くの機会をつくっていただきたい。

 
野田市の公契約条例について

 地方で広げることで、国による制度(法整備)を
求めていこうというねらい。

 2次3次下請けの労働者の賃金も市の監督の下で
保障していくことが、質の向上にもつなっがている。
 まだ、公契約条例を制定した自治体が少ないが、
周辺自治体に広がって行くことで、
市民の全体の収入のアップにもつながって行くのではないか。
 大企業の側に立つのではなく、労働者の生活を守る。
 市長の明確な姿勢が現れていました。
 
 
 
スポンサーサイト
[2012/01/29 00:23 ] | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
視察2日目 
視察2日目は茅ヶ崎市で取り組んでいる
CSP(しからない子育て)について。

午後からは、野田市が他の自治体に先駆け始めた
公契約条例について・・・

笑顔あふれる大津市。
子育て支援を掲げた、新しい市長の下で、
どのような子育て応援を行おうと
しているのでしょうか?

大企業の弁護士だった新市長は、
地元の中小零細事業者の下請け労働者の
雇用をいかにして守るのか?

明日は、新市長のあいさつです。
[2012/01/24 23:58 ] | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
ひがし昌子さん 惜しくも落選 しかし…
市長選挙が終わりました。
ひがし昌子さんは惜しくも落選しましたが、脱原発など、
これまでになかった支持層からもご支援いただきました。

入れ替わりに始まった、京都の市長選挙でも、
日本共産党は脱原発を掲げて、頑張ります。

さて、今日から、共産党議員団は大和市に
公共交通についてなど、視察に行きます!
報告はまた次回に…
[2012/01/23 11:46 ] | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
「大津市政転換へ 7つの処方箋」
CIMG1451_convert_20120107232539.jpg
東日本大震災と、原発事故を体験した私たち国民・市民が
今後、どういうまち作りを進めるか問われています。
そして、市民を守る自治体のあり方は?

「脱原発・福祉都市」へ
ひがし昌子候補が市長選に向けた政策を発表しました。

「大津市政転換へ 7つの処方箋」

1.「脱原発宣言」を大津から発信し、災害に強いまちづくりを

2.介護・医療・・・いのち、くらしを守る

3.子育て支援と教育・・・子どもを健やかにはぐくむ

4.地域経済、雇用・・・地元中小企業、働く人に仕事がまわる地域経済を

5.環境・文化・・・地域の資源を生かした文化あふれる大津を

6.地域公共交通の充実・都市基盤の整備
        ・・・高齢者や障害者にやさしいまちづくりを

7.清潔で公正、市民が主人公の行政運営を

今日、発表された政策は7つの処方箋をさらに具体的に
しめしたものです。

「7.清潔で公正、市民が主人公の行政運営を」の中には、
まちづくりは、住民自治の立場をつらぬき、住民合意ですすめます。
という、項目も加えられています。

仰木の里の「幸福の科学の学校建設」や、
和邇、伊香立での「豊島の産廃下の汚染土壌処理」などが
周辺住民の合意や説明もないままに、すすめられようと
していることに、この間、ひがし候補が直接住民の
方々と懇談する中で、加えられた項目です。

・・・さてさて、企業から長年、多額の企業献金を
受け取ってきた政党が推薦する候補者に、
脱原発や市民が主人公になれるまちづくりを
公約できるのか?

安心して暮らし続けられる市政への転換のために・・・
[2012/01/08 00:38 ] | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
明けまして おめでとうございます
遅くなりましたが・・・
明けまして おめでとうございます

今日から、大津の市役所職員さんも初登庁でした。

恒例の、新年の庁舎前宣伝に続いて、
市役所内を各担当課ごと回って、職員さんに挨拶回り・・・

毎年、この日だけは、万歩計をつけたらよかったと
思うのですが・・・

昼からは、ひがし候補と志賀地域を宣伝。
伊香立にも寄ったのですが、雪が降り出しノーマルタイヤでは
危なくて、途中で断念。

いよいよ、選挙戦は間近です。
[2012/01/04 23:17 ] | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。