スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
仰木の里で市政報告会&原発学習会
26日(土)は仰木の里の市民センターで
市政報告会&原発学習会が開かれました。

福田診療所の福田先生から、原発問題。
なぜ、原発は危ないか?
放射性物質がもたらす危険と問題など、
わかりやすく講演して下さいました。

会場からは、がれき処理の広域化を
どう考えるのか質問。

その後は、私から市政報告。

ふしきみちよさんからも訴えを行いました。
スポンサーサイト
[2012/05/27 13:21 ] | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
公害調停報告会
P1010094_convert_20120527124549.jpg
住民の運動でストップさせた
豊島の汚染土壌処理・・・

香川県と大津市に起こしていた公害調停は
香川県と事業者の契約解除で合意されたことから
取り下げとなりました。

231名の住民による公害調停は全国的に
少ないそうで、公害調停の経緯とともに、
公害調停であったからこそ示せた効果。
また、今回の事案で見えてきた、今の、法整備の
問題などを弁護士先生から報告がされました。

法的根拠に基づいて受理された案件であるため、
本来なら、国の専門家が、豊島の現地と
業者の処分場を立ち入り調査し、住民が訴える
不安などがどこまで正しいのか?
第一回の調停日までに調査されるはずでしたが
取り下げとなり、現地調査は行われませんでした。

他の公害調停では300万円近くの調査費を支出し、
徹底的に調査が行われることもあったとか・・・

参加者からは、「ストップできたのは良かったが、
今後も、この事業者は他の汚染土壌処理を継続する。
専門家の調査をしてほしかった」という意見が
出されていました。
[2012/05/27 13:09 ] | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
日本共産党 経済懇談会



山下よしき参院議員を迎えて滋賀経済懇談会が
開かれました。

山下参院議員が「消費税大増税ストップ!
社会保障充実、財政危機打開の提言」を紹介し、
県内の5団体の代表から、それぞれの立場で
意見が出されました。

保険医協会の野村信人副理事長
「歯科は歯に詰めるセメントなど材料の医療費が
 かかる。医療は非課税の国もあり、
 消費税やTPP参加はとんでもない。」

松井建設の松井滋社長
「H4年 640万人の建設業の従事者が
 いたが今なお、500万人と7割が残っている。
 しかし、賃金は半分。消費税が上がればこうした
 労働者に追い打ちをかける。」

全農酪農部会の中野正一部会長
「消費税増税を主張するのは、輸出戻し税など、
 還付される大企業。こういう提言の話を、
 どうしたら民主党や自民党を支持する人たちに
 聞いてもらえるか」

滋賀大津建設協同組合の山田敬造理事長
「2010年に政府が新成長戦略を打ち出し、
 中小零細企業支援に住宅リフォーム補助を
 促進したが、現在、大企業が乗り出し、
 中小企業の仕事を摂っている。」

湖南市の谷畑英吾市長
「デフレ下での消費増税はきびしい。
 内需拡大が最優先で、ルールある経済社会を
 という提案は大切。
 共産党から国民みんなの応分の負担で、
 という提案が出されたのは驚いた。
 税金を国民に押しつける以上は国会で、
 もっと各政党が議論してほしい。
 脱原発を実行するために、どのように
 経済を成長させるのかも示してほしい。」

山下議員は「湖南市は大企業で働く外国人労働者が
多く、窓口対応に自治体が何種類もの通訳を
おかなければならず、企業は不景気になると
さっさと撤退するが労働者はほったらかし・・・
その労働者の後の面倒を自治体が
見なければならない。」
こうしたことを国会で取り上げたことを紹介。

様々な立場のお話が聞けて、勉強になりました。
[2012/05/14 00:33 ] | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
豊島の汚染土壌処理 搬入を断念
豊島の汚染土壌を伊香立の民間業者で処理
する問題で、香川県と業者が契約を解除する方向で
あることがわかりました。

12月の市議会で、伊香立を含めた
地域住民への説明などを取り上げ、同時に
「こんにちは岸本のり子です」(私の市会報告)を
伊香立を中心に約7千枚枚を配布するなど、
地域の方も関心を持って頂きました。

和邇・伊香立・土地改良区主催で説明会が開かれ、
香川県や大津市への申し入れ、また、
2万4千の署名が提出。さらに、土地改良区を
中心に公害調停も提出されていました。

飲み水や風評被害などを心配する声は
止まることはありませんでした。

また、2月議会では私以外にも、北部在住の
市議3名も議会質問を行っています。

香川県も、今後の処理に向け、国の特措法延長に
伴う計画などの目途が立たないまま、
地元説明にばかり時間を費やすのは得策ではなく、
何よりも、香川県と豊島住民が約束をした
期限に間に合わなくなることから、
搬入を断念せざるを得なくなったのでしょう。

豊島の問題は約半年間に及ぶ住民運動でしたが、
この問題の根幹はやはり、今の大津市の
規制のあり方や市民生活を守るという市の
姿勢のなさだと思います。

3年前、初めて私がこの民間業者に処理を許可
されるということを知り、地元住民に事前説明と
同意を求めましたが法的根拠がないとして
行われませんでした。

今なお、日本全国で汚染土壌の水洗浄処理が
許可されている施設は16カ所しかありません。

全国各地から、汚染土壌と認定された土壌が
法的根拠に基づき、こうした施設に搬入処理されると
いうことに変わりはありません。

当然、豊島以上に汚染された土壌が今後も伊香立で
処理されるであろうという意味では、住民の
不安解消に向けた、さらなる取り組みが必要です。



今回の問題では、この大津市だけでなく、
関西の方も少なからず、関心を持たれました。

汚染土壌の処理で、報道されましたが、
豊島で不法投棄された産廃の山は、
現在、隣の直島で、処理が行われています。

そして、豊島に運ばれた産廃の多くは
そもそも、京都・大阪・兵庫など大都市圏で
排出された物です。

悪質な不法投棄であるとはいえ、こうした
負の遺産を押しつけられるのは
豊かな自然を持ちながら、過疎化している、
地方の住民です。
[2012/05/10 10:00 ] | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
あおぞら保育園視察
DSCN2681_convert_20120508232237.jpg
DSCN2688_convert_20120508232425.jpg

この4月開園した「あおぞら保育園」を
市議団で視察しました。

寝食を別々にするなど、ゆったりとした園舎など、
子どもの育ちを基本においた施設に感激。

食育を重視して、園の中心に調理室が配置され
おいしそうな臭いにつられ、窓から調理員さんに
ついつい声かけをする子どもさんも・・・

屋根には太陽光発電も・・・

大津市ではこの5年で900名の保育所定員を
増やして来たのですが、それでも、需要は増え続け
この4月当初は150名の待機児童が・・・

抜本的に国の予算増が必要です。
[2012/05/08 23:45 ] | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
こどもの日に原発ゼロへ
「こどもの日」の今日。
まもなく、北海道電力泊原発3号機が定期検査に入り、
国内の全原発が停止します。

「原発が動かなければ、電力は足りない。」と
政府と大企業が大騒ぎをして、国民に不安を
煽って来たこの一年・・・

昨年の福島第1原発事故の前は、54基のうち
37基が運転中でした。

しかし、次々と点検・停止になる中、
国民の世論で再稼働を許さず、まもなく
原発ゼロへ・・・

こどもの日の今日が原発ゼロのスタートの日として
続かせることが、何よりも、未来を担う子ども達への
ツケを残さない、プレゼントではないでしょうか。
[2012/05/05 23:37 ] | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
第83回 滋賀県民メーデー
P1010052_convert_20120501232251.jpg
第83回 滋賀県民メーデーが行われました。

膳所公園に約300人が集まりました。

「雇用と仕事の確保、TPP参加反対、社会保障の拡充、
震災復興、原発ゼロ、消費税増税反対」などを
スローガンに行進・・・

[2012/05/01 23:46 ] | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。