スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
原発再稼働・・・住民の声は?
昨日27日、中部電力浜岡原発(静岡県御前崎市)の
再稼働の是非を問う住民投票を目指す市民団体が
約16万5千人分の署名を携え、川勝平太知事へ
条例制定を直接請求されました。

川勝知事は記者会見で、「県民の意思を尊重し、
実現できる方向で検討する」と述べ、
住民投票に賛成する考えを示しました。

大阪市では「関西電力管内の原子力発電所の稼働に
関する大阪市民投票条例」の制定を求める署名が、
今年2月に大阪市長宛てに提出されましたが、
橋下徹市長は「脱原発の民意は市長選挙で既に示され、
かつ4億円もの経費をかけて投票を行うことは
不適当」として、条例案に反対の立場を取りました。

・・・しかし、この夏の電力不足の脅し?に、
市長選挙で示された民意に背いて、期間限定と言い訳をして
再稼働に賛成したのは、橋下市長ですよね・・・

スポンサーサイト
[2012/08/28 23:52 ] | 未分類 | トラックバック(0)
「びわ湖」が危ない・・・講演会
環境カウンセラーの長野晃先生と、各地の産廃処理問題に
取り組む、奥谷和夫議員を講師に、住民の方と行った
現地視察をもとに、講演会が開かれました。

伊香立途中にある民間処理場での豊島の汚染土壌処理は、
ストップさせましたが、真野北部土地改良区が行った
情報公開で、この半年間に同処理場では、溶出量基準の
1,800倍のカドミュウム。
360倍のヒ素など、様々な有害物質の処理が行われている
ことが明らかとなりました。

北部地域には、他にも、産業廃棄物処理や残土処理など、
びわ湖の汚染源と成り得る施設や、処理場が点在しています。

市民には知る権利があり、情報公開や議会を通じて、
法律や規則など、様々な観点から、情報を得ることが大切。

また、日本は年間4億5千万㌧もの廃棄物が処理されており、
そのうち4億㌧が産業廃棄物。

これまでの開発行政のあり方や、排出者責任に踏み込んだ
議論と運動が必要との指摘もありました。
 
[2012/08/28 23:49 ] | 未分類 | トラックバック(0)
北部地域の環境問題
8月26日(日)14時~ 真野市民センターで
汚染から「びわ湖」と「水」を守ると題した
講演会を行います。


それに先立ち、北部地域にある汚染土壌・産廃・残土の
処分場を住民の皆さんと現地視察しました。

和邇北浜の安定型処分場はダンプは進入していたのに、
本社が休業日であることを理由に、視察を断られていたのですが、
せっかく、来たのだからと、現場にいたYさんにお願いし、
できる範囲で、処理場の説明をして頂きました。

ただ、途中町の汚染土壌の施設は、本社の休みと
場内が工事中で、入れませんでした。

今回、急遽でも和邇の処分場はOKしていただいたので、
次回は、是非・・・

さて、その他の処分場を視察した住民の皆さんからは
いろいろ、意見が出されました。

土砂崩れが心配されるところや、残土を違法に積み上げた
ままの処分場などなど・・・

今後、新たな、不法投棄場となるのでは?と、心配される
ところもあり、事業者のやりたい放題やらせて、
そのままになることがないよう、
市の姿勢が問われるところです。






[2012/08/17 23:24 ] | 未分類 | トラックバック(0)
暮らし・民主主義を壊す橋下政治を考える
DSCN2841_convert_20120812021805.jpg

大津革新懇2012年度総会と併せて
学習会が行われました。

「新自由主義の反動的打開を狙う橋下改革の本質」と題して
神戸大学名誉教授の二宮厚美さんが講演。

原発住民投票条例を拒否し、住民の声は聞かず。

府市統合本部と称し自分の思いのままに動かし、
選挙で選ばれた議会でさえ傍聴席に追いやる。

公務労働者も職員・教育条例で市民に監視させ、
市民と分断させ、自分の権限で統制できない
教員や行政委員の権限を剥奪させる。

などなど、憲法で保障された自治体民主主義を次々に
攻撃・略奪し、選挙で勝てば後は独裁政治まっしぐら・・・


続いて、「橋下維新の会ー逆流の実像と大阪市民の反撃」と題し
日本共産党大阪市議団長の北山良三市議が橋下市政8ヶ月
の生々しが報告を行われました。

メールや目安箱で、職員同士を監視させ、
市民から密告させる仕組み作り。

憲法で常習賭博を禁じてるにもかかわらず
ベイエリアリゾート開発によるカジノ場建設。

ウソを並び立てて財政難を煽って
市民の負担を増やし、一方で無駄遣い。

ほんの一部ですが、橋下維新の会の実態が聞け、
改めて、橋下市長とそれを担ぐ特に在阪のマスコミの
怖さを感じました。
[2012/08/12 02:19 ] | 未分類 | トラックバック(0)
ピースアクション・・・いのち。
CA3J01330001.jpg
今年も恒例の、志賀9条の会が第6回目の
8・9 ピースアクションをJR小野駅前の広場で
行われました。

核兵器のない世界、戦争のない世界。
そして、原発のない世界に・・・

今回は、長岡京市にお住まいのゲストをお招きし、
ブラックパネルシアターで、歌を交えて、
平和の尊さを確認させて頂きました。

さて、この中で、釜石小学校の校歌を参加者で
歌ったのですが、皆さんはご存じですか?

釜石市といえば、3・11の津波で大きな被害を
受けながら、地元の小・中学生が小さな子どもや
お年寄りを誘導し、被害を最小限に食い止めた町です。

作詞は井上ひさしさん。
9条の呼びかけ人でもあります。

災害のあと、初めて聞いた時に感動したのですが、
大津市では、中学生が自ら命を絶つという悲しい
出来事がありました。

これがいじめによるものか調査中ではありますが、
いじめがあったのは事実です。

一人一人が、すべての人や生き物の命の尊さを
受け止めてほしい。

改めて、この歌に感動です。


校歌はこちらから
[2012/08/11 03:22 ] | 未分類 | トラックバック(0)
「いじめのない学校・大津市をめざして」
大津市内の中学校生徒のいじめ・自殺事件について、
多くの方々からご意見やご要望をいただいておりましたが、
日々新たな報道が流され、私自身も、報道に戸惑う
毎日で、個々にお答えできずにおりました。

日本共産党大津市会議員団として、
「いじめのない学校・大津市をめざして」
見解を発表させて頂きました。

ご理解をたまわりますようお願い申し上げます。

いただいたご意見は真摯に受けとめさせていただき、
いじめをなくしていくために全力を尽くします。


見解はこちらから
[2012/08/06 01:40 ] | 未分類 | トラックバック(0)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。