スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
TPP参加交渉反対
安倍首相がTPP交渉参加に大きく踏み出しました。

「交渉次第で例外もある・・・」というけれど。
農業・医療・地域の雇用など、影響をもたらす範囲は限りない。

一昨年から昨年にかけ賑わした、大津市北部の民間処理施設での、
豊島の汚染土壌処理ですが、TPP参加は、
あの時のような住民運動では止められないぐらいの影響を与えます。

当時のニュースはこちらから
スポンサーサイト
[2013/02/25 23:30 ] | 未分類 | トラックバック(0)
ばいばい原発 湖西ネット
P1010301_convert_20130211221018.jpg

湖西線和迩駅前で毎月11日に行われている、
ばいばい原発集会が行われました。

平日だとなかなか参加できませんが今日はお休み・・・
久しぶりに参加できました。

約30人が集まって、歌をうたったり
思い思いに集会の呼びかけなどをしたり。

こうした地道な運動が大切ですね。 
[2013/02/11 22:23 ] | 未分類 | トラックバック(0)
拝啓 関西電力様
2011年8月・・・
福島の原発事故で故郷を離れ、友人を頼り木戸に
移り住んでおられた、青田さん夫妻を訪ね、
当時の「きしもとのりこニュース」でお知らせしました。

現在、ご夫妻は、「原発なくせ!」と様々な
市民活動に参加されています。

... そのような中で、奥さんが思いをつづられた詩が、
新婦人や年金者組合など様々な場所で詠まれ、
多くの皆さんの胸を打っています。

事故から、間もなく2年・・・
人々の中に、「何よりも命が一番」と刻んだ思いも、
諸外国との問題や日本の景気・経済情勢というニュースに
かき消されてしまいそうな今、少しでも多くの皆さんに、
詠んで頂きたいです。



『拝啓関西電力様』
                    青田恵子

エアコン止めで、耳の穴かっぽじってよーぐ聞け。

福島には、「までい」っつう言葉があんだ。
までいっつうのは、ていねいで大事にする、
大切にするっちゅう意味があんだ。

そりゃあ、おらどこ東北のくらしは厳しかった。
米もあんまし穫んにぇがったし
べこを飼い
おかいこ様を飼い
炭を焼き
自然のめぐみで、までいにまでいに今まで暮らしてきた。

原発はいちどに何もかもを奪っちまった。

原発さえなかったらと
壁さチョークで遺書を残ーして、べこ飼いは首を吊って死んだ。

一時帰宅者は、
水仙の花咲く自宅の庭で自分さ火つけて死んだ。

放射能でひとりも死んでないだと・・・・・・
このうそこきやろう人殺し。

原発は田んぼも畑も海も、人の住む所も、ぜーんぶ、
かっぱらったんだ。
この盗っ人ドロボー。

原発を止めれば、電気料金を二倍にするだと・・・・・・。
この欲たかりの欲深ども。

ヒットラーは毒ガスで人を殺した。
原発は放射能で人を殺す。
おめぇらのやっていることは、ヒットラーとなんもかわんねぇ。
ヒットラーは自殺した。
おめぇらは誰ひとり、責任とって詫びて死んだ者はない。

んだげんちょもな、
おめえらのような、人間につける薬がひとつだけあんだ。

福島には人が住まんにゃくなった家が、なんぼでもたんとある。
そこをタダで貸してやっからよ
オッカァと子と孫つれて、住んでみだらよがっぺ。

放射能をたっぷり浴びた牛は、そこらじゅうウロウロいるし
セシウムで太った魚は、腹くっちくなるほど太平洋さいる。
いんのめぇには、梨もりんごも柿も取り放題だ。
ごんのさらえば、飯も炊けるし、風呂も沸く。
マスクなんとうっつぁしくてかからしくてするもんでねえ。

そうして一年もしたら、少しは薬が効いてくっかもしんにぇな。
ほしたらフクシマの子供らとおんなじく
鼻血がどどうっと出て、のどさグリグリできっかもしんにぇな。

ほうれ言った通りだべよ。
おめぇらの言った安全で安心な所だ。
さぁ、急げ!

荷物まどめて、フクシマさ引っ越しだ。
これがおめぇらさつける、たったひとつの薬かもしんにぇな。

  ① んだげんちょも・・・・だけれども
  ② 腹くっちく・・・・・・・・腹いっぱい
  ③ いんのめぇ・・・・・・・・家の前
  ④ ごんの・・・・・焚き物にする小枝や落ち葉
  ⑤ うっつぁし・・・・・・・・うっとうしい
  ⑥ かからし・・・・・・・・・・わずらわしい


政府が原発の再稼働を推進する今、
青田さんの詩を関係者が詠んでほしいものです。

「こんにちは 岸本のりこです」はこちらから
[2013/02/10 22:58 ] | 未分類 | トラックバック(0)
大津市北部にある、残土・産廃による危険箇所
豊島の汚染土壌の搬入中止を求めた住民運動を
きっかけに、北部地域にある様々な違法な投棄の改善など
環境問題に取り組もうと、北部を中心とした学区を越えた
住民の方々が「びわこと水を守る会」を立ち上げています。

すでに、大津市に要望書を提出していますが、今回は
現地の視察を行いました。

十数年間にわたり、大津市も指導や勧告などを行い、
事業は止まリましたが、多くの問題が残されたままです。

法や条例の不備につけ込み、確信犯ともいえる行動に対し
議会や許可権者、また、周辺住民が一体となった
運動が必要です。


崩落した延暦寺霊園横の残土処分
P1010275_convert_20130204004050.jpg
違法な農地のかさ上げによる土圧で崩壊しそうな壁
P1010279_convert_20130204005814.jpg
違法な埋め立てで途中で行き止まりとなった大津市道
[2013/02/04 00:58 ] | 未分類 | トラックバック(0)
体罰・いじめの根底にある「勝利至上主義」 
柔道のオリンピック監督による体罰。

大津市内の14歳の少年がいじめが原因で、
自ら命を絶った事について、なぜ、
学校・教員の対応は遅れたのか。

大阪では、バスケットボール部男子生徒が体罰をうけて自殺。

これらはどれも、学校教育やスポーツ界に持ち込まれた
「勝利至上主義」が根底にあると感じざるを得ません。

大阪の橋下徹市長は体育科の入試中止や教員の総入れ替えを
打ち出すなど乱暴に踏み込み、子どもたちを傷つける発言を続け、
全国学力テストの学校別結果の公表など、
競争教育をさらに激化する方針はそのままです。

公教育が異常な競争至上主義に駆り立てられていることの
根本的反省が求められます。 

いま、ネットで、日本維新の会代表石原慎太郎氏が
東京都知事時代の平成21年6月26日、
東京六本木ヒルズで行われた「教育における体罰を考える」
シンポジュウムに出席し、ジャーナリストの桜井よしこ氏と
体罰を肯定する対談を行っていたことが、話題を呼んでいます。

シンポジュウムの告知ビラには次のような文章が・・・。
  罰は子供を強くするため、進歩させるために行われます。
  「叱るよりほめろ」では子供は強くなることができません。
  人間は強い分だけ優しくなります。
  いかに多くの罰を受けたかが優しさを決めます。 
  人のことを思いやる力をつけるには、体罰は最も有効です。
  いかに多くの罰を受けたかが、優しさを決める!!
  人を思いやる力をつけるには、体罰は最も有効!!


ゆとり教育から軍国教育へ、軍靴の足音が聞こえてきそうです。
子どもたちの個性が尊重できる教育環境の整備を祈ります。
[2013/02/02 01:07 ] | 未分類 | トラックバック(0)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。