スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
ルネサス関西 また、大リストラ!!市に要望書提出
DSC_6122_convert_20130828223607.jpg
半導体大手のルネサスが昨年夏に続いて、またも、
大リストラ計画を発表しました。

滋賀(大津市)工場では、昨年は900人。
今度は300人のリストラを計画。

それも、今回は対象年齢は40歳以上で、300人に
満たなければ、順次、社員を呼び出し、リストラを煽るとか!!

昨年リストラされた人の半数が再雇用が、できていません。

業績不振と言いながら、ルネサス・エレクトロニクス自身は
2,000億円もの内部留保を保有し、親会社であるNECなどの
内部留保金は4兆円を越ます。

雇用と地域経済を守る企業の社会的責任を果たすだけの体力は
十分にあります。

さらに、ルネサス関西は、大津市の企業立補助金を受けており、
補助金の交付目的である「地域経済の活性化を図るとともに、
市民生活の向上に資する」にも反します。

日本共産党市議団は、リストラの撤回や、市の補助金の
交付のあり方の見直しなどを正すよう、市長に申し入れました。
(今日は市長が文科省に出ているそうで副市長に申し入れ)
スポンサーサイト
[2013/08/28 22:55 ] | 未分類 | トラックバック(0)
滋賀県にも、オスプレイがやって来る。
今日と明日にかけて、日本共産党大津市議団が大津市に
要望していた政策の進捗状況などをヒヤリング。

お昼休みに、後援会員の方から電話があり、
先日行われた、憲法学習会に参加して、昨年自民党が提出した
憲法改定草案をもっと、市民に知ってほしい。
と、感じたとのこと・・・

家に帰ると、「オスプレイが饗庭野にくる!」とニュースが・・・
その矢先に、他の後援会員さんから又電話。

「オスプレイが饗庭野にくる!」って本当ですか?

高島市の饗庭野演習場では、以前から、日米の合同訓練が
行われていたので、危険は感じていましたが・・・

嘉田知事は防衛省の見解が出ていないのでコメントを
差し控えるとのことでしたが、そんなことでいいのか!!

これまでにも増して、大きな運動が必要です。
[2013/08/23 03:28 ] | 未分類 | トラックバック(0)
福島の一日も早い復興を
夏休みを利用して福島県に行ってきました。

1日目は、NHK大河ドラマ「八重の桜」の舞台、会津若松。

会津藩士の子供たちが学んだ日新館は武芸のほかに、
砲術・大砲方、柔術、居合術、水練があり、特に
水練で使った水練水馬池は、日本初のプールと言われています。
また簡単でしたが、給食が出た時代もあり、
これも日本で初めての給食と言われています.

P1010561_convert_20130819011215.jpg


2・3日目は、学校映画「フラガール」の舞台としても有名な
福島の常夏リゾート「スパリゾートハワイアンズ」と、
併せて、東日本大震災の津波に襲われた町の商店街・・・

「スパリゾートハワイアンズ」は、TVカンブリア宮殿でも
取り上げられましたが、東日本大震災により、一時は
休業に追い込まれながら、全従業員には給与を払い続け、
全従業員の雇用を維持し、1名の離職者も出さずに
奇跡の復活を成し遂げました。

福島復興への想いを歌ったフラガールの
メッセージソング「アイナふくしま」

「アイナ」はハワイ語で、ふるさと。
この曲は、フラガール、ファイヤーナイフダンサー全員、
一人ひとりが、福島への想いを出しあった言葉を歌詞にし、
願いを込めて作ったオリジナル曲です。

ハワイアンリゾート


津波に襲われた町では、「復興商店街」ということで、
近くの商店でお土産を買わせて頂きましたが、
2年半たった今も、住宅の多くが、当時のままです。

家の土台だけが残る町に、所々でなびいている旗には
「復興」「福島に帰る」の文字・・・
壁や生け垣には、子ども達が画いたのか、
赤や黄色、ピンクなど、明るい色で画かれた花や太陽・・・

P1010571_convert_20130819011421.jpg

復興庁は東日本大震災の復興のために国がつけた
2012年度予算約10兆円のうち35%にあたる
約3・4兆円が使われなかったと発表しました。

安倍政権は民主党政権下の19兆円から大幅に予算を追加、
総額25兆円に達する復興予算を投じるとしていますが、
「国土強靭(きょうじん)化」と称する大型インフラの整備が
重点化されているなど、被災者の願いとはミスマッチを
おこしています。

国民の増税による復興予算がムダな公共事業に使われたり、
使い残すことを繰り返すことにならないよう、
前進した日本共産党の議席の値打ちが問われていきます。
[2013/08/19 01:30 ] | 未分類 | トラックバック(0)
志賀9条の会 ピースキャンドル
第7回 志賀9条の会 ピースキャンドルが行われました。
今年は蓬莱駅近くの虹の家をお借りして開催。

P1010552_convert_20130810000454.jpg
志賀9条の会の看板除幕式

P1010553_convert_20130810000614.jpg
AKIRAさんによるミニコンサートも行われました。

AKIRAさんは、各地で原発反対や9条守れを
歌とともに訴えられています。

各地を回る中で、原発しかない地域がある。
TPPなんか参加せず、地域で経済が回る仕組みを
つくってほしい・・・

被災地は復興にほど遠い。
政府は、原発を輸出することに力を注ぐ前に
やることはもっとあるはず・・・

など、AKIRAさんからの訴えも・・・

木戸で生まれ育ったAKIRAさんは、志賀町の
給食を食べて育ち、おいしかった!!

食育とか言うなら、給食残して・・・と
給食の思い出も語って下さいました。
[2013/08/10 00:47 ] | 未分類 | トラックバック(0)
かがやきネットワーク 市議会議員と語る会
P1010547_convert_20130809233012.jpg
おおつ かがやきネットワークの皆さんと、
市議会議員と語る会に参加

防災訓練を中心に地域で助け合う必要性と、
増加する自治会未加入問題・・・

防災面からも、自校方式の給食を残すべき・・

三者協働と言いながら、市民と行政が築き上げる
取り組みが少なく、市民が築いてきた施策についても
費用対効果に執着し、補助金を削ろうとしている現市長の
対応についても意見が出されました。


「旧志賀町」という言葉がたびたび出ているが、
合併し、かなり経つので、そろそろ、その言葉を
卒業しては?という意見が出されましたが、
他の議員から、志賀町を思う気持ちが深いからこその
言葉で、合併は行政の主導で行われるが市民の思いと
必ずしも合致しないので・・・とフォローの意見を
出して下さり、ありがたかったです。
[2013/08/10 00:03 ] | 未分類 | トラックバック(0)
夏まつり
P1010521_convert_20130803232803.jpg
大津市内の夏祭りがピークです。

今日は地元の志賀の夏祭りと、娘がお世話になっている
伊香立学区の夏祭りに参加しました。

風もあり、過ごしやすかったので、浴衣を着てみました。

毎年買っている比良すいかを今年も買って、
伊香立の夏祭りへ・・・

残念ながら、娘の吹奏楽は聴けませんでしたが、
お世話になっている、地域の皆さんにご挨拶・・・

早いもので、娘が中学校でお世話になり、
あっという間に夏祭りも3回目です。

今年度で卒業ですが、また寄せて頂きます。
[2013/08/03 23:43 ] | 未分類 | トラックバック(0)
時代に逆行!!志賀中学校の給食継続を
DSC_5367_1_convert_20130803035016.jpg
旧志賀町は永年、自校方式で給食が実施されてきました。
調理員さんが、日々の子どもの生活に合わせて工夫をして下さるなど、
地域とのつながりも感じられる、ご飯も、心もあったかい給食で、
子どもにも、保護者にも喜ばれる給食でした。

しかし、大津市との合併で一転!!

小学校は7000食を扱う巨大なセンター給食に移行され、
中学校はかろうじて、自校で調理されているものの、
材料や味付けはセンターと共同です。

その、志賀中学校の給食が、今度は、
今年から大津市で始まったスクールランチに、変更される
可能性が出ています。

理由は、大津市との合併協定で「志賀中学校の給食は当分の間」と
されていたためで、「そろそろ、やめてもいいでしょう」という
ものです。



住民の中に不安が広がる中、
「子どもたちのために志賀町の良い施策を残す会」の皆さんが
市長の公約だった「志賀中学校の給食継続」の実現と、
市内中学校生徒に、学校給食法に則った給食の実現を
求めて、要望書を提出されました。

志賀町の給食を食べて育った保護者など、多くの広がりをみせ、
当初目標にされていた3000筆を上回る3813筆の
署名が寄せられました。

志賀地域で現在3人の子どもを育てているお母さんからは、
「市長は就労支援でスクールランチと言うけれど、
一食400円では、とても、利用できないし、
一般のコンビニ弁当の値段と変わらない。」
などと言った声も・・・

市長は、以前の私の議会質問への答弁と同じで、
「私は続けたいが、教育委員会に権限がある」を
繰り返して答弁。

同席していた教育長からは、「市内中学校の給食が課題であると
認識している」と、これも、これまでの発言と同じ・・・

永年、給食を実施している志賀中学校の子どもたちの
給食を食べている様子は、とてもほのぼのとしたものです。

けがをしている友達の給食を運んであげたり、
男女関係なく、残ったおかずやデザートをジャンケンしたり・・・

みんなで同じ物を食べる安心感と、一体感・・・
毎日、繰り返されるこれらの積み重ねが、
子どもたちを成長させていくと思うのですが・・・



[2013/08/03 04:51 ] | 未分類 | トラックバック(0)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。