スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
質問 肺がん結核検診と教育委員会委員の任命について
3.肺がん検診を肺がん結核検診に改めることについて
問)来年4月1日から、各市民センターなどを中心に、
年2回ほどの健診車が巡回して、住民結核検診を
行っていたのを廃止し、変わりに、70歳以上を
無料としていた病院での肺がん検診を65歳以上に改定し、
併せて、病院でのレントゲン撮影を行うことが提案されました。

通院に不自由な地域などを重点的に巡回することで、
受診の機会を増やすことは検討されていないのか?
受診の減少につながる事への懸念について見解を伺う。

答)肺がん検診は、結核検診を兼ねることができ、
医療機関で受診者の都合に合わせて受けられることから、
受診する高齢者は年々増加している。
医療機関に働きかけを行い、検診の受診に不便な地域での
実施医療機関数を増やすなど、より一層受診しやすい体制を整え、
市民の利便性の向上を図り、受診率の向上につながると考える。
 


4「教育委員会委員の任命について」
新たに市長が任命する教育委員は、これまで、全く
大津市に関わったことがない方である。
これまで、教育委員会委員の選任については、
学校・園やPTA,医師、市内の団体推薦など、
大津市の事情を知る方が中心で構成されてきた。

文科省も保護者の代表を教育委員に任命することを
指導しているが、どのような理由で、大津市の
教育委員会委員としてふさわしいと思われたのか。
また、どのような事を期待されているのか伺う。

答)これまで、宮崎県教育委員会での勤務経験に加え、
五ヶ瀬町の教育長、また、兵庫教育大学大学院教授として、
教育分野に携わってこられた豊富な経験と実績を有しておられる。
大津の子どもとの関わりがないことについて、今後、
実際に教育現場を視察、体験いただき、大津の子どもと関わって
いただくことにより、これまでの行政経験や研究をもとに、十分
対応いただけるものと考える。

本市教育行政が抱える諸課題についても説明をしてきた。
加えて五ヶ瀬町の教育長として、地域の特性を活かした
学校教育を行われた実績があり、本市においても、
特性を御理解いただき、それを十分に活かしていただけると考える。
そして、教育分野における豊富な経験と実績を生かし、
本市のいじめ対策を推進するとともに、教育委員会と学校の改革に
取り組んでいただけるものと期待している。


問)現在、市の教育委員会は、これまでの形骸化を反省し、
幼稚園の3年保育など就学前保育のあり方やスクールランチ、
市民スポーツなど様々な課題を委員自ら研究するために、
多い週では4回の会議を持たれており、
また、現場の声を聞くために、現在、2巡目の学校訪問を
されているなど、非常勤とは言え、精力的に活動をされている。 

また、議会の傍聴や常任委員会にも出席され、
考えや意見を伺う機会も増え、積極的な討論に
つながっていると感じている。

これまでにも、様々な場で、市長と教育委員会の
連携強化が指摘されてきたが、教育委員選任について、
市長は教育長や教育部長など他の教育委員会委員さんとの
意見調整や顔合わせもないままに推薦されたと聞く。

委員会は合議制であり、遠方で多忙な方を選任されると、
様々な会議や視察などにも影響が及ぶ。
事前の確認が必要ではなかったか。

答)教育委員の選任は市長の権限であり、
本市教育委員としてふさわしい人材であると判断したもので、
手続き上教育委員会に確認を求める必要はないが、
事前に私から教育委員に対しお話をしている。

 
スポンサーサイト
[2013/12/27 04:18 ] | 未分類 | トラックバック(0)
質問 中学校給食
問)中学校の完全給食について 
早期実現にスクールランチは有効ではあったが、
「スクールランチ」は法的には「給食」ではない。
育ち盛りの中学生にこそ、バランスのとれた昼食が必要。
中学生にとってふさわしい昼食のあり方を検討すべき。 

答)来年度、有識者や学校関係者、PTA連合会等の
代表者等を委員として、想定して、今後の中学校の
昼食のあり方について検討していきたい。


問)志賀中学校給食について
「志賀中学校の給食の継続と大津市全域での給食を」と、
4000筆を越える要望者が市長に提出された。
「特色ある学校づくりが望まれている時に、
食育が実現できる中学として残してほしい」
「東日本大震災などでも、自校方式の調理場がいち早く
温かい食事を提供するなどの対応ができた」など、
市長との懇談では様々な意見が出された。

市長は「私は残したいが、権限は教育委員会にある」との
答弁をされているが、志賀中学校給食の継続について見解を伺う。

答)とりあえず来年度の給食は継続とする。




議員になって、6年。
中学校給食については、もう、何度も何度も
質問してきました。
初めて質問した頃は、自民党系や民主党系の
おじさん議員から「自分が創りたくないからやろ。
しつもんしてんと、早く帰ってメシ作ったれ」と、
ヤジが飛んだり、
女性議員からも、「私ら、子どものためなら、
お弁当作ってあげてたよ」なんて、嫌みも
言われましたが・・・

今では、共産党以外の個人会派や少数会派の
男性議員からも、それぞれの観点で給食の質問が
行われるようになっています。

[2013/12/24 00:37 ] | 未分類 | トラックバック(0)
質問 国民健康保険事業
2 国民健康保険について
(1)一般会計からの繰り入れについて
問)今年の11月時点の医療費の請求額は前年比
6.97%増となっている。
昨年度、財政調整基金を全額取り崩しており、、
H25年度は保険料の引き上げが見込まれる。

国保の加入者の多くが低所得者となる中、
年金の引き下げや消費税の増税で、これ以上の
負担増は限界である。

一般会計からの法定外繰り入れを増額し、
負担軽減につなげるべきと考えるが見解を伺う。

答)市の国民健康保険事業は、これまで一般会計からの
繰り入れに頼ることなく、健全な財政運営に努めてきたが、
高齢化の進展に伴う保険給付費、後期高齢者支援金、
介護納付金の増加により、国保財政は大変厳しい状況。

財政状況の改善のため、収納率向上対策を始め、
資格及び医療費の適正化対策、保健事業を推進することが
事なことであると考える。

給付と負担の公平性の観点から、安易な一般会計からの
繰り入れは行うべきではないと考えるが、
保険料の大幅な引き上げは、市民生活の様々なところに
影響を及ぼすことから、今年度の決算状況を十分に見極め、
慎重に検討していく。

問)減免制度の緩和について
今年度から、市、独自の減免を行っているが、
利用しているのは2名となっている。
当初、市が検討していた対象者数は100名と
聞いており、大きくかけ離れている。
条件を緩和し、利用しやすくすべきでは?

答)今後、当初保険料決定通知に同封する
リーフレットにも掲載するなど、周知啓発に努めると
ともに、これまでの相談内容を分析し、検証していく。




基金を全額取り崩したり、独自の恒久的な貧困者を
対象にした減免など、取り組みを評価するところも
ありますが、法定外の繰り入れ額は全国の中核市の
最低ランクです。
国保は他の保険制度に入れない方の最後の砦であり、
医療を奪うことにならないよう、保険料の
軽減に努めて頂きたいです。






[2013/12/24 00:08 ] | 未分類 | トラックバック(0)
質問 環境問題について
1,北部地域における土砂埋め立てについて
問)伊香立南庄の残土処分場で確認された
 シアンなどの、今後の撤去の目途を伺う

答)土壌安全基準に適合しない土砂を12月31日までに
撤去が完了できるよう継続して指導をしている。
また、当分の間は地下水及び水路の水質調査は継続して
実施し、周囲への影響を監視していく

2,条例改正について
問)現在、環境部を中心に汚染土壌・産業廃棄物・
土砂の埋め立ての条例の改正に取り組んでおられますが、
条例改正にむけての基本姿勢を伺う。

答)汚染土壌処理施設、産業廃棄物処理施設及び
大規模な土砂等の埋立て行為については、その施設の設置や
行為により周辺環境、特に生活環境に何らかの影響を及ぼす
ことが考えられ、そのことが住民不安に繋がるといった認識のもと、
施設設置に伴う住民不安の払拭を図ること、
すなわち、施設設置に伴う住民と事業者との合意形成が大変重要で
あると考えている。
汚染土壌処理施設や産業廃棄物処理施設の設置に関する事項について
これらの法律による手続の前に、施設設置に伴う住民と事業者の
合意形成が促進されるような仕組みとして、事業者による事業計画に
関する住民への説明の義務化、住民からの意見書の提出及び当該意
見に対する事業者の見解書の提出に係る制度の創設、市による紛争
時のあっせんなとを規定した条例の制定を考えている。
また、土砂等の埋め立て等の規制に関しては、事前協議制度の
明確化、事前周知の明確化、許可対象事業の拡大、土砂搬入の制限、
事業者による土壌検査・水質検査の義務化、事業地域及びその周辺
の地域における災害発生防止及び生活環境の保全等を保証するため
の保証金制度などを追加した条例の全面改正を考えている。
 
 
問)許可の期限を定めることについて見解を伺う。

答)面積規模に応じ、最大3年の許可期間を
設けることとしている。

 
問)土壌の安全性を確保するためにどのような
仕組みに改正されるのか伺う。

答)従前より実施している搬入土砂の性状の確認の
徹底に加え、搬入後における事業者による土壌検査、
水質検査の実施、埋立て等の廃止、完了又は終了時の市に
よる安全確認などを実施することにより安全性を確保する。


問)県外から多くの残土を持ち込まれ、
違法が見つかっては、市の税金で処理するのは
いかがなものか?
千葉県君君津市のように、大津市に搬入される
多くを占める県外の搬入について規制すべきでは?

答)現行制度において埋立地に搬入される土砂に
ついて県外・県内を問わず把握する仕組みが
構築されており、この仕組みの適正な運用により、
必要に応じて排出元への立入等を行うなどして、
搬入土砂の安全性を確保していく


問)千葉県富津市では事業区域から300㍍以内に
居住する世帯の10分の8以上の世帯の同意。
勝浦市では、500㍍以内に居住する世帯の
世帯主の2分の1以上の承諾と隣接する土地所有者
全ての同意など、同意条項を条例に盛り込んでいる。
市民の安全・安心を最優先にした条例に、
住民の同意を義務づけるべきと考えるが・・・ 

答)埋立地の所有者の同意を義務づけることとしますが、
その周辺の土地所有者や地域住民の同意については、
これを義務づけると、土地所有者が他人の同意を得ないと
自己の土地を自由に使用できないということとなり、
財産権の侵害にあたるのではないかとの指摘もあることから、
十二分に検証することが必要と考えており、
今後、他都市の事例を調査するなど、研究を進めてまいりたいと
考えている。


(3)民間事業者による残土処分場について
問)庁内の「土地利用問題協議会」に住民の意思が
反映できるようにすべきでは?

答)今回の案件のような市街化調整区域における
土地利用については一定の抑制が必要と考えますが、
現時点では、個別法令に基づく種々の規制により
生活環境等の保全は図れるものと考えている
 

(4)汚染土壌処理施設について
問)「事前協議や処理状況等の行政への報告と
情報公開等の義務づけなど、汚染土壌処理業に関する
要綱の策定の検討を進めている」とのことでしたが、
どのような改正を検討されているのか? 

答)市内の汚染土壌処理施設に汚染土壌を搬入する者に対し、
事前に本市に届出を行うことを義務付ける内容で、現在、
定に向けた作業を進めている。
また、処理状況の事後報告については、事業者に指導を行い、
月ごとの、汚染土壌搬入量及び処理した土壌中の特定有害物質の
最大濃度の報告を受けており、今後も継続していく。
なお、事業者による処理状況に係る情報の開示につきましては、
事業者自らが利害関係者の求めに応じて閲覧させるよう土壌汚染
対策法で定められており、今後も引き続き事業者への指導を行う。 




何度も指摘していた部分で条例が改正されることは
おおいに評価できるのですが、周辺の住民が
安心して暮らしていくための権利も
もっと盛り込んで頂きたいです。
[2013/12/21 02:43 ] | 未分類 | トラックバック(0)
一般質問 志賀中学校の給食来年度も継続!!
市議会一般質問を行いました。

1.環境問題について
   汚染土壌・産業廃棄物・土砂の埋め立ての条例の
    改正について
2.国民健康保険事業についてについて
   一般会計からの繰り入れで負担軽減を
   市独自減免の条件緩和を
3.議案197号 肺がん検診を肺がん結核検診に
  改めることについて
4.議案第230号 教育委員会委員の任命について
5.中学校給食について
   スクールランチについて
   中学校の完全給食について
   志賀中学校給食の継続について


5項目にわたって質問しました

詳細は後日・・・

この中で、来年度、中学校給食についての
あり方検討会を実施し、現在、合併以前から
実施してきた志賀中学校の給食に着いても
検討するため、来年度はこのまま継続する旨の
答弁がありました。

まずは、一安心ですが、検討会で「廃止」ってことに
ならないよう、がんばろう。

[2013/12/11 03:08 ] | 未分類 | トラックバック(0)
テスト
テスト
[2013/12/09 09:55 ] | 未分類 | トラックバック(0)
テスト
テスト
[2013/12/09 09:44 ] | 未分類 | トラックバック(0)
自民・公明 特定秘密法案強行採決
審議を重ねるほど法案の問題点が浮き彫りになり、
国内外のさまざまな組織や団体からも反対や懸念の
声が寄せられていた「特定秘密保護法案」が
6日深夜の参院本会議で、自民・公明の強行採決で
成立しました。

この先にあるのは集団的自衛権と憲法9条の改悪。
そして、国民に真実を知らさないまま戦争の道か!!

夏の参議院選挙では「ねじれ解消」が争点とも
言われましたが、国民が望んだのは、こんなことの
ためではないはずです。

 

大津市では、通常議会が始まりました。
いの一番に質問に立ったのは、
共産党市議団団長の塚本市議。

「教育委員会や学校の隠蔽体質には口を極めて批判する
市長がその何百倍も大きな国の情報隠蔽の企みに対して
意見を言わないのはいかがなものか?
大津市は高島の饗場野演習場でのオスプレイ訓練や
原発など、市民の命に関わる様々な情報が秘密に
される恐れもある・・・」と問いただしましたが、
越市長は「様々な問題が充分説明されていない」と
言いながらも、それ以上の明言は避けてまともに
答えませんでした。




[2013/12/08 02:12 ] | 未分類 | トラックバック(0)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。