スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
東まさこ先生の訴えに涙

被災者支援に自ら行き、そこで感じた東まさこさんの訴え・・・

地域住民を守るために最前線に立ったのは市町村でした。
市町村合併で職員が減らされ、行政単位が広くなり
住民の状況が把握できなくなっており、対策が遅れた市町村。

先生が出会った女性は、お産のため帰省していた臨月の娘さんと、
姑さんを津波でなくされました。
娘さんは遺体で見つかりましたが、胎児が飛び出した状態で
初孫だったそうです。
娘さんの棺と小さな初孫の棺を前にお婿さんと嫁ぎ先に
申し訳ないと土下座したそうです。

そして、姑さんは行方不明のまま。

患者さんや利用者さんたちを守ろうと逃げ遅れてしまった、
看護師・介護士さんたち・・・

避難所に指定されていた小学校に避難したのに、
避難所ごと津波にのまれたそうです。

職員は自分たちだけなら逃げることは可能であったけど、
利用者を守るために犠牲になったのです。

今もなお、原発の放射能漏れで、小さい子どもたちの
影響を考え、家族バラバラになっている被災者のかたがた・・・

大震災でも原発事故でも、一番の被害者は
社会的な弱者です。

東日本震災の被災者支援に入り、何かあったとき、
一番の被害を受けるのはこうした弱者であると改めて、
心に突き刺さったと・・・

すべての弱者が安心して暮らせる大津市に・・・


これまで、お医者さんとして地域の医療に
根ざしてきたけれど、住んでいる地域だけを
見ていては、変えられない現実に、
これまで、政治に大きく関わった訳ではないけれど、
何かできるはず・・・

シーンと静まりかえった会場は、
これまでの、決起集会とは違う雰囲気がありました。

・・・でも、この訴えを聞いて、会場の多くの方は
今の社会の閉塞感、弱者切り捨てなど
このままではいけない。
何とか、明るい社会に変えたい。

再び、そんな思いが沸き立ったのでは
ないでしょうか。
スポンサーサイト
[2011/12/18 02:01 ] | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
<<11月市議会閉会 市民の願いは・・・ | ホーム | 11月議会 質問・答弁>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://norikokko.blog136.fc2.com/tb.php/153-490fcc8e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。