スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
生活産業常任委員会 視察
生活産業常任委員会の行政視察に行きました。

18日は三重県津市「商店街活性化の取り組み」を・・・
高校生や大学生など、若者の意見を取り入れ、
商店街と行政が協働のもとで、活性化に取り組んでいます。

合併や市長交代などの関係もあり
「中心市街地活性化計画」は策定していないとのこと。
社会変化もある中で、計画にこだわるのはよくないと
市長が判断されたそうです。

・・・そう言えば、私が、議員になって、驚いたのが、
「大津市○○計画」なるものの多さでした・・

国の補助金申請や職員の引き継ぎなど、現状課題が
あるものの、津市の発想の柔軟さは見習うべきかも??

愛知県田原市の「田原エコ・ガーデンシティ構想」は
とにかく、自然エネルギーや、エコの取り組みの種類の多さです。

市民が何らかの形で関わっているのでは?

ゴミ処理施設では、可燃ごみ及び可燃性粗大ごみを
流動床式炭化炉で蒸し焼きにし、炭化物として回収します。

施設内や周辺にほとんど臭いがしなかったのは驚きです

19日の名古屋市へは「事業系ごみの減量」について。
事業者に計画の策定や報告義務、行政も立ち入り調査など、
徹底した減量に取り組んでいます。

大津市のゴミ有料化が検討された際に、杉浦議員と、
名古屋市に視察に寄せて頂き、行政はもちろん、
事業者や市民の取り組みを伺い、驚いたのですが、
さらに、パワーアップしており、現状に満足せず、
常に、減量に向けた取り組みを求めておられ、
大津市もこうした姿勢に見習うべきと思いました。
スポンサーサイト
[2012/10/23 03:27 ] | 未分類 | トラックバック(0)
トラックバック
トラックバック URL
http://norikokko.blog136.fc2.com/tb.php/213-f54efb22
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。