スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
「びわ湖」と「水」を守る会・・副市長・担当課と懇談
昨年、11月に秘書課を通して提出した要望書への懇談による
回答が市役所で行われました。

要望書は「汚染土場処理施設」「産業廃棄物処理」
「農地のかさあげ」「残土処分」など多岐にわたっており、
担当課も様々で、今日は副市長・統括官や担当課職員など
16人が懇談に応じて頂いたそうです

私は卒園式で出席できませんでしたが、目片市長時代に比べ
自治会関係以外との懇談になかなか応じてくれないとの
声が聞かれていた中で、4ヶ月かかったとはいえ、
集まって、住民との懇談に応じて頂いたのは大きな
成果だと思います。

特に、2月議会の一般質問でも、取り上げましたが、
今回の住民団体が行った調査で、農地のかさ上げに伴う
残土処分場から、基準値を上回る鉛が検出され、
市が即日対応し、市の調査でも基準値を超えていたことも、
議会後の懇談を想定していたのが少し繰り上がったきっかけとは
なったのかも・・・

これまで、何度も取り上げてきた、比叡山延暦寺横の残土
処分場の問題など、行政代執行も検討とのことのようですが、
これも、市民の税金です。

ほぼ毎日、現地に行き、30回以上の指導票を業者に出しながら、
改善できなかった反省をしっかり、改正する予定の
「土砂の埋め立てを規制する条例」に盛り込んで頂きたいです。

農地のかさ上げに伴う残土処分場の問題では、同条例が改正された際
農地法などにも関係づけられたことが大きな効果となって
速やかな対応ができたとも言われています。

ただ、市民の調査でわかったから対応できたもので、
本来は、市の責任で安全を確保して頂きたいです。
スポンサーサイト
[2013/03/18 03:32 ] | 未分類 | トラックバック(0)
トラックバック
トラックバック URL
http://norikokko.blog136.fc2.com/tb.php/233-eed7f20a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。