スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
土砂の埋め立て規制条例改正へ
「土砂の埋め立て規制条例について」一般質問を行いました。

1.伊香立南庄町における残土処分について
(問)住民団体「びわ湖と水を守る会」が伊香立南庄の埋め立て地の
排水から基準を大幅に超える鉛やヒ素を検出したのを受け、
不法投棄対策課によって、調査が実施され、シアン化合物が
検出されました。 
汚染土壌を撤去させるため、ボーリング調査が実施されたが、
現状と、今後の対応は。
 
(答)シアン化合物が1リットルあたり最高1.8ミリグラム、
ふっ素が同じく1.3ミリグラム、ひ素が0.011ミリグラム検出。
平均深度5.4メートルまでの深さで検出。
汚染が明らかとなった土壌の除去対策に関する命令を施工業者へ
発する手続きに着手した。
土壌対策が完了するまでの間、水路または周辺への影響が無いよう、
監視を行うとともに、水質調査を継続し周辺地域の不安解消に努める。 


(問)今回の事案では、住民が行った調査により、
土壌が汚染されていることが判明しましたが、
現在の条例(業者による、成分分析の結果を記した計量証明を
市へ届け出る方法)は不十分です。
 今後、改定される条例によって、こうした事態を防ぐ改正を
すべきと考えますが見解を伺います。

(答)年内に現行の条例全般にわたり見直しを行う。
行政による抜き打ち検査の実施、市の監視体制のさらなる充実、
許可面積3000㎡以上を小さくすることや他府県からの
流入を押さえる手法なども検討していく。
 
 
2.比叡山延暦寺霊園横の残土処分について
(問)数回に渡る土砂流出や、許可区域外への埋めたての
確認などから、数十回にも及ぶ指導が行われていたにもかかわらず、
残土の処分は続けられ、昨年9月末に大規模な崩落が起こり、
人身事故にまでつながる事態となりました。
現在、搬入は止まりましたが、すでに、現場は他の民間事業者に
引き継がれています。
行政代執行も視野に入れて、原状の回復や土砂災害の防止などを
行っていくと地元には報告されているとのことですが、
今後の対応についてどのように対応されるのか伺います。

(答)昨年10月1日付けで土砂の搬入中止を命令し、
また、越市長自ら、滋賀県警察本部に出向き、条例に基づく
厳重な処分を求め、10月10日付けで告発を行なっている。
事業主に対し、早急に是正命令を発するよう、準備を進めている。
対応が見られない場合には、本市が直接、是正を行う
ことについても検討している

(問)現場下流域における田や畑、和邇川に堆積している
土砂の撤去などについてどのように、考えておられるのか伺います

(答)権限の範囲内において、事業者への是正命令を
発する準備を進めている。



議員になって7年・・・
旧志賀町の土砂の埋め立てを規制する条例を大津市でも、
制定することもとめることから始まり、条例が制定。

しかし、不十分な点も多く、なかなか残土処分による
被害は収まらず、ここ数年は「残土の埋め立て」
「汚染土壌処理問題」「産業廃棄物の不法投棄」について
順次、ほぼ毎議会質問を行って来ました。

少しづつ前進はしていましたが、
今議会での面積基準の引き下げや他府県からの流入を
一定規制できるように検討すること。
市の責任での残土の調査を行うことなどは大きな前進です。

自治体も人員の削減が行われる中で、
南北に長く山林に囲まれ谷間が多い大津市で、
不法投棄を無くしていくことは容易ではありません。

その上、今回の条例の改正は、市の職員さんにとっては
これまで以上に多くの作業や負担も増えるでしょう・・・

一番の問題は、国の規制あり方であることは
言うまでもありませんが、現状においては
大津市と市民が一丸になって環境問題に取り組んでいくことが
求められます。














スポンサーサイト
[2013/06/16 03:16 ] | 未分類 | トラックバック(0)
トラックバック
トラックバック URL
http://norikokko.blog136.fc2.com/tb.php/244-04c29393
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。