スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
市民フォーラム「子どもの声がきこえますか」
6月15日(土)「いじめ防止啓発月間」に併せて
行われた市民フォーラム「子どもの声がきこえますか」に
行きました。

一部の基調講演では大津の子どもをいじめから守る委員を
努めて頂いている、桜井智恵子(大阪大谷大学教授)が
「子どもの声がきこえますか」をテーマに講演。

子どもや親・教師を取り巻く社会的背景を話され、
現在の子育ての難しさなどを話されました。

複雑な友達関係に加え、ゆとり教育と言いながら
詰め込みの教育で先生にもゆとりがなく、子どもは
わからないまま授業を受けるストレス。

年収200万円以下で育てなければならない家事・育児。
その背景には経団連からの「自由な働き方」の要請を受け、
非正規雇用・派遣労働を拡げてきた、今の経済活動のあり方に
ついても、問題があると先生は指摘。

また、全国学力テストについても・・・
国連・子どもの権利委員会から数回にわたって、
日本の過度に競争的な教育環境がいじめや精神障害、
不登校、中途退学、自殺を助長している可能性があることを
指摘してきたが、改善されていないことについても触れられました。

学力テストについては、これまでから我々、日本共産党も
議会などで指摘してきました。

残念ながら、越市長は、R161の開通式で、先生の講演が
終了してからの出席・・・

2部は桜井先生をコーディネーターに、「大津の子どもを
いじめから守る委員会委員長」の池谷弁護士、」
「NPO法人 マイペースプロジェクト」の小梯さん、
「PTA代表」 皆川さんと越市長で「
大津市の第三者委員会からの報告について」や
「いじめ条例について」ディスカッション。

いじめの定義についての疑問や子どもの主体的な
参加についてなど、意見が出されました。
スポンサーサイト
[2013/06/18 15:21 ] | 未分類 | トラックバック(0)
トラックバック
トラックバック URL
http://norikokko.blog136.fc2.com/tb.php/246-69b76a1b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。