スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
市政報告会&憲法講演・・恐るべし自民党憲法草案
P1010484_convert_20130701233223.jpg
仰木の里で市政報告会と「憲法改悪は許さない」と
題した講演が行われました。

私からは、議会報告と併せて、仰木地域で起こり始めている、
中間処理や残土処分の不法投棄についてもふれさせて頂きました。

龍谷大学の奥野恒久先生による「自民党憲法草案の問題点」の講演・・・

憲法99条には「天皇又は、摂政及び国務大臣、国会議員、裁判官
その他の公務員は、この憲法を尊重し、擁護する義務を負ふ」と
されています。
つまり、国民の権利や自由を実現するために、憲法に従う義務を、
国民ではなく権力者に課しています。

ところが、改定草案では12条に「国民は・・・自由及び権利には
責任及び義務が伴うことを自覚し」という言葉を追加し、
102条に「全ての国民は、この憲法を尊重しなければならない」と
いう規定も新設し、併せて、公務員などは、新憲法を擁護する義務も
課せられています。

これにより、憲法は権力者から、国民に義務を課すものに変質させている。


そして、9条を変えるとはどういうことか?
軍隊を組織し、武器を備えるだけでは戦争はできません。

戦争するためには罪のない、一般市民や子どもたちを殺すことを
正当化する教育が必要です。
しかし、いざ、戦場に行くとなると、無理矢理やる気のない若者を
集めても、戦にはなりません。

そのために必要なのは、人格の改造と人を殺すことを肯定する思想を
すり込まなければならず、そのための洗脳と教育が待ち受けている。

憲法を変えるとはどういうことか・・・
自民党の草案の本質がいかなるものか?
自民党は一体誰から(何から)何を取り戻そうとしているのでしょう?


スポンサーサイト
[2013/06/30 22:32 ] | 未分類 | トラックバック(0)
トラックバック
トラックバック URL
http://norikokko.blog136.fc2.com/tb.php/248-2754ffc6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。