スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
HUGってご存じですか?
和邇学区の自主防災会の訓練の様子を視察。

今日は、避難所HUG(ハグ、以下「HUG」と表記)を、
体験される様子をうかがいました。


CA3J02260001.jpg

CA3J02270001.jpg
HUGとは、H(hinanzyo避難所)、U(unei運営)、
G(gameゲーム)の頭文字を取ったもので、避難所運営を
考えるためのひとつの手法として、静岡県が開発した
避難所運営を模擬体験するゲームです。

大地震等の大災害が発生すると、被災した多数の人々が
避難所に押し寄せて来ます。

赤ちゃん、超高齢者、車いすの人、目や耳の不自由な人、
インフルエンザの疑いのある人、妊婦さん、外国人・・・
犬や猫、インコなどペットをつれてくる人・・・

年齢、性別、国籍も異なる人々それぞれが、様々な事情を
抱えて避難してくる可能性があります。

災害直後の混乱の中で、避難所運営には、避難者対応の他に、
炊き出し場や着替え場所をどうするか、食糧や水をどこに置き
どう配布するか、マスコミの取材にどう対応するか、
ボランティアの受け入れをどうするか・・・
など同時並行で処理すべき課題が山ほどあります。

こうした様々な事情が書かれたカードを避難所の体育館や教室に
見立てた平面図にどれだけ適切に配置できるか。

トイレがつまったり、突然国会議員が視察に来たり・・・

避難所で起こる様々な出来事にもどう対応していくかを
模擬体験するゲームです。  

今日は2つのグループに分かれて体験。

終了後、なぜそこに配置したか。
どのように対応したか発表・・・

このゲームに、正解はありません。

しかし、カード・ゲームであっても、もし実際に
巨大地震が起こったら、こうした課題がドンドン
出てくることがよくわかりました。

スポンサーサイト
[2013/09/29 23:01 ] | 未分類 | トラックバック(0)
トラックバック
トラックバック URL
http://norikokko.blog136.fc2.com/tb.php/264-4fbf208f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。