スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
質問 環境問題について
1,北部地域における土砂埋め立てについて
問)伊香立南庄の残土処分場で確認された
 シアンなどの、今後の撤去の目途を伺う

答)土壌安全基準に適合しない土砂を12月31日までに
撤去が完了できるよう継続して指導をしている。
また、当分の間は地下水及び水路の水質調査は継続して
実施し、周囲への影響を監視していく

2,条例改正について
問)現在、環境部を中心に汚染土壌・産業廃棄物・
土砂の埋め立ての条例の改正に取り組んでおられますが、
条例改正にむけての基本姿勢を伺う。

答)汚染土壌処理施設、産業廃棄物処理施設及び
大規模な土砂等の埋立て行為については、その施設の設置や
行為により周辺環境、特に生活環境に何らかの影響を及ぼす
ことが考えられ、そのことが住民不安に繋がるといった認識のもと、
施設設置に伴う住民不安の払拭を図ること、
すなわち、施設設置に伴う住民と事業者との合意形成が大変重要で
あると考えている。
汚染土壌処理施設や産業廃棄物処理施設の設置に関する事項について
これらの法律による手続の前に、施設設置に伴う住民と事業者の
合意形成が促進されるような仕組みとして、事業者による事業計画に
関する住民への説明の義務化、住民からの意見書の提出及び当該意
見に対する事業者の見解書の提出に係る制度の創設、市による紛争
時のあっせんなとを規定した条例の制定を考えている。
また、土砂等の埋め立て等の規制に関しては、事前協議制度の
明確化、事前周知の明確化、許可対象事業の拡大、土砂搬入の制限、
事業者による土壌検査・水質検査の義務化、事業地域及びその周辺
の地域における災害発生防止及び生活環境の保全等を保証するため
の保証金制度などを追加した条例の全面改正を考えている。
 
 
問)許可の期限を定めることについて見解を伺う。

答)面積規模に応じ、最大3年の許可期間を
設けることとしている。

 
問)土壌の安全性を確保するためにどのような
仕組みに改正されるのか伺う。

答)従前より実施している搬入土砂の性状の確認の
徹底に加え、搬入後における事業者による土壌検査、
水質検査の実施、埋立て等の廃止、完了又は終了時の市に
よる安全確認などを実施することにより安全性を確保する。


問)県外から多くの残土を持ち込まれ、
違法が見つかっては、市の税金で処理するのは
いかがなものか?
千葉県君君津市のように、大津市に搬入される
多くを占める県外の搬入について規制すべきでは?

答)現行制度において埋立地に搬入される土砂に
ついて県外・県内を問わず把握する仕組みが
構築されており、この仕組みの適正な運用により、
必要に応じて排出元への立入等を行うなどして、
搬入土砂の安全性を確保していく


問)千葉県富津市では事業区域から300㍍以内に
居住する世帯の10分の8以上の世帯の同意。
勝浦市では、500㍍以内に居住する世帯の
世帯主の2分の1以上の承諾と隣接する土地所有者
全ての同意など、同意条項を条例に盛り込んでいる。
市民の安全・安心を最優先にした条例に、
住民の同意を義務づけるべきと考えるが・・・ 

答)埋立地の所有者の同意を義務づけることとしますが、
その周辺の土地所有者や地域住民の同意については、
これを義務づけると、土地所有者が他人の同意を得ないと
自己の土地を自由に使用できないということとなり、
財産権の侵害にあたるのではないかとの指摘もあることから、
十二分に検証することが必要と考えており、
今後、他都市の事例を調査するなど、研究を進めてまいりたいと
考えている。


(3)民間事業者による残土処分場について
問)庁内の「土地利用問題協議会」に住民の意思が
反映できるようにすべきでは?

答)今回の案件のような市街化調整区域における
土地利用については一定の抑制が必要と考えますが、
現時点では、個別法令に基づく種々の規制により
生活環境等の保全は図れるものと考えている
 

(4)汚染土壌処理施設について
問)「事前協議や処理状況等の行政への報告と
情報公開等の義務づけなど、汚染土壌処理業に関する
要綱の策定の検討を進めている」とのことでしたが、
どのような改正を検討されているのか? 

答)市内の汚染土壌処理施設に汚染土壌を搬入する者に対し、
事前に本市に届出を行うことを義務付ける内容で、現在、
定に向けた作業を進めている。
また、処理状況の事後報告については、事業者に指導を行い、
月ごとの、汚染土壌搬入量及び処理した土壌中の特定有害物質の
最大濃度の報告を受けており、今後も継続していく。
なお、事業者による処理状況に係る情報の開示につきましては、
事業者自らが利害関係者の求めに応じて閲覧させるよう土壌汚染
対策法で定められており、今後も引き続き事業者への指導を行う。 




何度も指摘していた部分で条例が改正されることは
おおいに評価できるのですが、周辺の住民が
安心して暮らしていくための権利も
もっと盛り込んで頂きたいです。
スポンサーサイト
[2013/12/21 02:43 ] | 未分類 | トラックバック(0)
トラックバック
トラックバック URL
http://norikokko.blog136.fc2.com/tb.php/274-adfaa41f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。