スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
質問 国民健康保険事業
2 国民健康保険について
(1)一般会計からの繰り入れについて
問)今年の11月時点の医療費の請求額は前年比
6.97%増となっている。
昨年度、財政調整基金を全額取り崩しており、、
H25年度は保険料の引き上げが見込まれる。

国保の加入者の多くが低所得者となる中、
年金の引き下げや消費税の増税で、これ以上の
負担増は限界である。

一般会計からの法定外繰り入れを増額し、
負担軽減につなげるべきと考えるが見解を伺う。

答)市の国民健康保険事業は、これまで一般会計からの
繰り入れに頼ることなく、健全な財政運営に努めてきたが、
高齢化の進展に伴う保険給付費、後期高齢者支援金、
介護納付金の増加により、国保財政は大変厳しい状況。

財政状況の改善のため、収納率向上対策を始め、
資格及び医療費の適正化対策、保健事業を推進することが
事なことであると考える。

給付と負担の公平性の観点から、安易な一般会計からの
繰り入れは行うべきではないと考えるが、
保険料の大幅な引き上げは、市民生活の様々なところに
影響を及ぼすことから、今年度の決算状況を十分に見極め、
慎重に検討していく。

問)減免制度の緩和について
今年度から、市、独自の減免を行っているが、
利用しているのは2名となっている。
当初、市が検討していた対象者数は100名と
聞いており、大きくかけ離れている。
条件を緩和し、利用しやすくすべきでは?

答)今後、当初保険料決定通知に同封する
リーフレットにも掲載するなど、周知啓発に努めると
ともに、これまでの相談内容を分析し、検証していく。




基金を全額取り崩したり、独自の恒久的な貧困者を
対象にした減免など、取り組みを評価するところも
ありますが、法定外の繰り入れ額は全国の中核市の
最低ランクです。
国保は他の保険制度に入れない方の最後の砦であり、
医療を奪うことにならないよう、保険料の
軽減に努めて頂きたいです。






スポンサーサイト
[2013/12/24 00:08 ] | 未分類 | トラックバック(0)
トラックバック
トラックバック URL
http://norikokko.blog136.fc2.com/tb.php/275-0acb4bf3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。