スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
標的の村
ドキュメンタリー映画「標的の村」を見ました。
2013年 第87回キネマ旬報ベスト・テンで文化部門1位を
とった、見たかった映画です。

沖縄の高江地区という小さな集落を米軍のヘリパットが
囲んでいます。
その一つにオスプレイが・・・

これに反対して、座り込みをした15人の住民が訴えられました。
権力のある国や自治体・企業が住民などの弱者の意見を
封殺することを目的に訴える裁判を「SRAPP訴訟」というそうです。

ベトナム戦争当時、米軍がベトナムの村を想定し、
沖縄の住民をベトナム人に見立てて訓練を行ったそうです。
その時にかり出されたのがやはり小さい子どもを含めた、
高江の人たちでした。
そして、今、高江の集落周辺を飛び回るオスプレイ・・・
あの時と同じ。

沖縄防衛局が沖縄の県民を取り押さえる姿に、この人達は
誰を守っているのだろうという憤りが自然と込み上げてきます。

もっと、たくさんの方にみてほしい。
何とか、その機会をつくりたい。

スポンサーサイト
[2014/01/12 01:19 ] | 未分類 | トラックバック(0)
トラックバック
トラックバック URL
http://norikokko.blog136.fc2.com/tb.php/279-3c1255d6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。