スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
11月議会 始まる
昨日から、11月市議会が開会しました。

市職員の給与改定の議案が提案され、
可決するとした委員長報告に反対の討論を行いました。

以下おもだった討論内容です。

人勧は、公務員労働者の争議権などを制限する代償で
公務員労働者の生活を守るためのもので、
マイナス改定自体が不当なものです。

この10年間での人勧の削減額は2010年勧告分の94000円を
含めれば1人あたり年間50万円を超え、市職員の給与も
毎年のように引き下げられてきました。

人事院勧告の引き下げは民間準拠といっていますが、
公務員と民間で賃金の引き下げを競い合わせています。
これは、国民生活全体を悪化させ、ひいては
地域・日本経済全体を落ち込ませることにつながります。

今、国にも地方自治体にも必要なことは、賃上げにより、
消費・購買力を高め、国民生活を安定させて
経済成長を実現することです。

この点から公務員給与引き下げは賛成することはできません。
スポンサーサイト
[2010/12/01 23:03 ] | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
<<一般質問 発言通告締め切り! | ホーム | もう待てない・・・NPO暮らしの足を考える会設立総会>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://norikokko.blog136.fc2.com/tb.php/32-434f2931
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。