スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
2月議会 質問 PART2
2.安心な老人介護は行政の責任

 市立特別養護老人ホーム榛原の里を社会福祉
事業団に譲渡する議案が提出されています。

財政支出を削減できることや、これまでの公募による
指定管理では、職員の雇用や事業の継続性が
見込めないというのが理由です。

Q.法人に譲渡することで、営利が目的となり、
 利用者のサービス低下や、職員の労働強化にならないか。

A.職員が安心して働ける場の確保と雇用環境の向上となり、
 利用者にとっても継続的なサービスの充実になる。



3・市内の中学生における給食の実態把握を

Q.市内でも、貧困家庭が増え、PTAが行った
 アンケートでもお弁当を持って行けない子どもが
 いることが示されている。
 子どもの現状を調査するべきでは?

A.お弁当に教育的意義があるという考えに
 代わりはないので、アンケートを採るつもりはない。

 ・・・と、まるで、行政としての責任を
 放棄したかのような答弁を行いました。

4.志賀地域の足の確保を

 日本共産党が行ったアンケートには、
 合併5年を迎える志賀地域の方からは、
「愛情弁当が必要と教育長は言うが弁当だけが
 愛情表現ではない。」

「合併で、国保料が数倍に上がったのに、
 お医者さんに行きたくても行けない。」など、
 合併への弊害に対する意見が数多く寄せられました。


Q,国が現在、交通基本法を策定しており、住民の暮らしを
 支えるための足の確保は、行政の責任ではないか?

A.大津市では目立った公共交通の空白地はなく、
一定の利用機会は確保されていると考えている.

・・・というこれまでと同様の答弁を繰り返すのみでした。
スポンサーサイト
[2011/03/11 23:59 ] | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
<<東北・関東で巨大地震 | ホーム | 幸福の科学 学園建設について>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://norikokko.blog136.fc2.com/tb.php/62-31710f84
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。