スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
母親大会・・・社会全体で子育て
滋賀県母親大会が
今年は大津市の仰木の里東小学校で行われました。

午前中の記念講演では東京大学の教育学部教授で、
9条の会事務局長の小森陽一先生が講演され、
増え続ける子どもの虐待について話されました。

虐待にも暴力、性的、育児放棄いわゆるネグレクトなどがあるが、
最近気になるのが、社会的虐待だとの事でした。


社会的虐待は、子育てしたいのに、貧困から
病院に行けなかったり、お弁当が作れなかったり・・・

これまで、私も議会で、中学校の給食について
取り上げ、作る気はあっても、時間的に充分出来ない
保護者の方の話など取り上げてきましたが、
大津市は、社会的責任があると認めながらも、
個々に指導していくとしか答弁していません。

また、小泉元首相の頃から毎年福祉予算が2000億円も
削られ、一方で、軍事費は削られるどころか増えている。

予算をどこに使うのか?日本の社会をどう立て直していくのか?
国民みんなが、考えて行くことの必要性を提起されました。

私も、自己責任にされてしまう子育てを
社会全体で育てることの必要性を改めて感じました。

大会に寄せて、大津市の子ども福祉部の結城慶一政策監が、
目片市長の代理で挨拶をされました。

すぐに帰ってしまわれるかと思いましたが、
小森さんの話を最後まで聞いて下さっていました。

共産党市議団も、これまで、児童虐待が社会から孤立すると
発生しやすくなることや、相談、ネットワークの必要性を
議会で取り上げてきましたが、結城政策監も
近年の子どもを取り巻く現状を話されました。

また、時代を担う子どもの健やかな成長を願う
母親の集いが今後も続くようにと述べて下さいました。

退場されてから、少しお話しましたが、共産党さんも
議会で、行政に質問で虐待せんといて・・・と
言われましたが・・・

冗談はさておき、社会で子どもを育てる、
孤立する親を無くす事が求められています。
また、感想を聞いてみたいです。

午後からは「学校給食についてみんなで考えよう」という
分科会に旧志賀町の中学校給食、自校方式だった時と
大津市になってからのセンター給食についての違いや、
感想をパネラーとして発言しました。

「義務教育は無償」午前中の「社会全体で子どもを育てる」を
広げていくことが大切という声が相次ぎました。


スポンサーサイト
[2010/10/24 23:28 ] | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
<<広がる鳥獣被害 | ホーム | 農業関係者懇親会>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://norikokko.blog136.fc2.com/tb.php/9-259f314a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。